任意売却の始まり|購入時の約5割程度|不動産を査定してもらうことで相場を知る

購入時の約5割程度|不動産を査定してもらうことで相場を知る

任意売却の始まり

男の人

任意売却は、住宅ローンなどの返済が困難になったさいに行われる住宅売却の方法のひとつです。 一般に住宅ローンを組んでいる場合にはその担保として該当する住宅に抵当権が設定されており、所有者が勝手に売却することができません。一方で、住宅ローンの返済が滞るようになると、貸出先は、その資金を回収しようとして差押えを行い、競売に掛けるといった行動に出る場合があります。 競売に掛けられると裁判所によって住宅の売却が行われますが、その価格は適正な住宅価格よりも低くなる傾向にあります。また競売で売却できたとしてもローンが相殺されることは稀で、残りの債務を支払う必要があります。そこで、競売ではなく通常の売却を行うものが任意売却と呼ばれるものです。

任意売却のメリットは、適正な住宅価格での売却が可能ということであり、競売よりも高い値段で住宅を売却することができます。そのため、場合によっては住宅ローンの相殺や、残りの債務を大幅に圧縮することができます。任意売却を行っているのは専門の不動産会社のほか弁護士が行っていますが、売却の場合には専門知識が必要であり、任意売却を強みとしている不動産会社に依頼するのが無難です。 また任意売却のメリットは、連帯保証人に対する負担が少ないという点があげられます。通常、住宅ローンでは連帯保証人または保証会社を立てる必要がありますが、連帯保証人の場合には債務の返済義務があります。連帯保証人には親族がなっているケースも多く、その点で連帯保証人に負担を掛けずに債務整理を行うことができます。